肌がテカるのはなぜ?顔のテカリの原因と対策

時間が経過すると目立ってくる肌のテカリ。顔の部位の中で一番テカるのがTゾーンです。

Tゾーンは、顔の中でも一番皮脂腺が多いため、もともと皮脂の分泌量が多めな脂性肌タイプの方や、10代、20代の皮脂分泌が活発な方はテカリやすいようです。

とはいえ、肌がテカる人はみんな脂性肌かというと、そんなことはありません。実はその反対で、肌が慢性的に乾燥している方のほうが肌がテカリやすいといわれています。

乾燥肌なのに肌がテカる原因


肌のテカリを気にする方の多くは、よくあぶらとり紙を使っていらっしゃいます。少しの使用なら問題はありませんが、あまり多用すると皮脂をとりすぎて、皮脂が不足していると肌が勘違いして更に皮脂を分泌させてしまうという悪循環に陥ります。

皮脂は肌を守る役割もあるため、あまり取りすぎるとかえって肌によくないのです。

また肌がテカると自分は脂性肌だと思い込み、保湿ケアを怠る傾向にあります。油分のある乳液やクリームを使わず、化粧水だけでスキンケアを終わらせていると、肌は慢性的な水分不足に陥り、肌を極度に乾燥させます。

水分が不足すると、肌に残っている水分を蒸発させまいとして皮脂を分泌させるので、お肌の乾燥が進むとテカってしまうわけです。

肌のテカリを放っておくと、毛穴が開いて目立つようになり、見た目にも肌が汚くなってきます。まず、あぶらとり紙の多様はやめ、保湿を十分に行って、肌のテカリを抑えていきましょう。ただ、油分が気になるなら、ここにある保湿ジェルがおすすめです。

朝のメイク時に行うケアで肌のテカリを抑える!


皮脂の分泌を抑えて肌のテカリを予防するためには、毛穴を引き締める効果のある美容液でコットンパックをすると効果的。

まず顔全体に化粧水や美容液を手でなじませて保湿ケアを行った後、コットンに引き締め効果のある美容液や化粧水をしみ込ませ、それをTゾーンやあごなど、テカリのひどい場所に2、3分置いてパックします。

パックした部分がひんやりクールダウンできていることを確認してからメイクをすると、テカリを抑える効果があります。

朝の一手間で、テカリをぐんと抑えることができるので、毎朝、メイク前にきちんと行いましょう!

これでテカリを予防!コットンパックに効果的な化粧品ランキング

草花木果 透肌マスクジェルの特徴

草花木果の透肌マスクジェルは、肌に残った不要な角質を取り除きながら毛穴を引き締める効果のある美容液。

コットンにひたしてパックを行うと、朝からよい香りに包まれながら、テカリやすいTゾーンをクールダウン。さっぱりとした使い心地なのに保湿もしっかりしてくれるので、皮脂分泌が多めの方でも安心して使えます♪


オルビス アクアフォースの特徴

オルビスアクアフォースは、肌のテカリの原因の1つ、インナードライ肌(隠れ乾燥肌)を改善してくれる保湿化粧水です。

すばやくお肌に浸透して、肌のテカリで気づかなかった慢性的な乾燥に効果を発揮!保湿力が高いのにリーズナブルなお値段なので、朝のコットンパックにもたっぷり使えます。100%オイルフリーで、べたつく化粧水が気になる方も、さっぱり気持ちよい使い心地です!



ニッピ ナノアルファの特徴

ニッピのナノアルファは、熱を加えていない生コラーゲンをぎゅっと詰め込んだ贅沢な美容液。

生コラーゲンの品質を維持するために、クール便で届き、届いた後も冷蔵庫で保管します。このひんやり冷えた生コラーゲンをコットンに取り、毎朝肌をクールダウン保湿。肌のテカリ防止効果がしっかり実感できる美容液です。


更新履歴